TENの考察日記

楽しく書いてるので気楽に読んでね。

後悔@京都旅行

身体が悲鳴を上げるほど寒い日、私は京都でうどんを食べる機会に恵まれた。

gion-kyomen.net

13時頃にもかかわらず、店の外で待つお客さん。その列には外国人もいることが確認できた。

私は肉カレーうどんを注文。店内の出入りで風が当たるところで頂くことになった。

料理を注文してから現金払いだと気が付き、慌てて財布を確認。

まぁ、問題なく入っててよかった。

味は美味しい。出汁の効いたカレーで体が温まる。

 

「うまいなぁ~。そうはいっても寒いなぁ。」

なんて思っている昼ご飯だった。

 

 

 

その時である。

比較的近くで「キャッシュオンリー」の声が聞こえた。

店員と外国人がどうやら困っているようだった。

英語で話すお客に対して、日本語で対応する店員。

外貨も使えないし、キャッシュレス決済にも対応していないと知らずに入ったのだろう。異国の地でのトラブルは本当に困る。

 

ununkown.hatenablog.com

 

英語が聞き取れて困っている内容も把握した。

人助けをするタイミングが訪れたということである。

こういったシチュエーションというのは、何度も妄想して備えてきた。

男性の方なら共感していただけるだろう。

男というものは、教室に犯罪者が現れた場合にクラスメートを助ける妄想をする生き物なのである。

 

 

財布を持って立ち上がろうとした。

台詞に関しては頭の中に台本がある。

なにも恐れることはない。

 

 

 

が、立てなかった。

「助けに行きますか」と独り言をつぶやいたのにも関わらず、である。

 

 

そうこうしているうちに外国人に対して「外貨両替機に行ってきてくれ」と店員が日本語で頼んだ。

 

 

 

笑ってしまった。

 

笑う立場でもないのに。

 

私がすぐにお金を渡せば解決しただろう。

だが現実は、その外国人2人と店員が外に出て外貨両替機を探しに行っている。

そしてしばらく帰って来ず、帰ってきたかと思ったらまた外に出た。

 

 

食べ終わった私は彼らよりも先に会計を済ませ、外に出た。

寒空の京都で後悔を背負って歩く自分が情けないと思う。

 

 

せめて彼らが京都旅行を楽しんでくれればと思う。

 

 

{おしまい}

 

いつも読んでいただきありがとうございます。

その後の電車でも親子に席を譲れませんでした。

こうやって後悔を積み重ね歩いていく。。。

 

 

 

リクルートに学ぶ「仕事」について

 

はじめに

以前「ゼクシィ」の創業者の講演を聞く機会がありました。リクルートからどのようにゼクシィが生まれたのかという話です。

ついでに社会人の心得、すなわち「仕事」とは何ぞやを教えてもらうことができました。

 

最近この「仕事」をようやく噛み砕いて理解することができたので、その報告です。

 

 

本題

最後にその講演してくださった人から「作業をするな仕事をしろ」という言葉を授かりました。

初めて聞いた時は「何言ってんだこの人は」と思いましたが、その言葉は頭裏にこびりついていました。

 

かなりの月日を要して私がたどり着いた結論は、

「仕事と作業を区別する要素は、意思決定をしているか

が必要だと思っています。

 

言われたら当たり前のように思えてきます。そして、講演してくださった方もそのように仰っていたような気がします。

それでも理解するのに時間がかかりました。

 

 

例えは私が働いていたベンチャー企業では、商品力や価格で売れたのか、それとも自分の接客方法で売れたのかを気にしていました。

商品力や価格であればそれはもうレジ打ちだけの作業です。一方、自分の販売トークの場合は、相手に買ってもらうように考えながら会話をする必要があります。それこそが仕事であって、そこに注力するべきだと理解しました。

 

逆に現在働いている職場がつまらない理由は、作業ばかりだったことによって能動的な働き方ができないからでした。

 

このことから意思決定するかどうかで業務に関して様々な効果が生まれると実感しました。

 

 

 

ところで日常生活ではどうなのかと振り返ると、提案はしても自ら決めることが少なかったなぁと反省しています。

 

ということで、来年の抱負は

 

「意思決定をする」

 

にしたいと思います。

 

 

 

 

{おしまい}

いつも読んでいただきありがとうございます。

 

ununkown.hatenablog.com

ununkown.hatenablog.com

 

「おひとり様」でいることの利点欠点

おそらく多くの人が考えて発信している「おひとり様」という題について、先日考えさせられることがあった。

 

今回の題名、正しくは「おひとり様でいることの限界」である。

 

 

舞台(本記事)背景

 名古屋旅行での楽しみが3つあった。

1つは「梅丘寿司の美登利」に行くこと。

梅丘寿司の美登利 - 梅丘寿司の美登利のページです。

 

2つ目が日本で1番冷たい水風呂がある「ウェルビー栄」に行くこと。

サウナ&カプセルホテル ウェルビー栄(名古屋) | wellbe

 

そして、ひつまぶしを食べることだった。

こだわりのうなぎ、名古屋名物ひつまぶし | まるや本店

 

限界を感じた瞬間

名古屋に旅行した時のことである。

この旅行で特に楽しみにしていたのが「梅丘寿司の美登利」で寿司を食べることだった。

 

人生初の1人寿司。

 

安価とはいえ、いつも(かなりの頻度で)行くくら寿司とは値段が全然違う。そして回転寿司でもない。

 

「回らないちょっといい寿司屋」には家族で何度か行ったことがある。しかし、自分1人で、となると話は別である。

初めての経験に胸が高鳴った。

 

入店

整理券を取ると呼ばれるまでまだ先だと思っていたが、順番がきて呼ばれてもその場にいない人は後回しにされるため30分も待たずに入店することができた。10組ぐらいは諦めたたのだろうか。名古屋駅直結のビルで列をなすその寿司屋では、自分ほど若い人が見つけることができなかった。

 

自分が一人であることを店員に伝え、カウンターに案内される。

隣のライバルを一瞥する。

左にはマダム2人組。

右には同じく「おひとり様」のクールなおじいちゃん。

緊張の入店儀式である。

声の大きな店員がせわしなくカウンターの向こう側でランチセットを作っている。

生魚の好みが偏っている私は、熱いお茶でのどを潤してから単品注文を敢行した。

 

 

─────義務遂行の単品注文である。

────マグロは赤い光を、

────私の目に投じ

────カツオのネタも燃えるように輝いている。

────私の口まではまだ間がある。

────私を待っているマグロがいるのだ。

 

 

ちなみに記念すべき1stオーダーはエンガワとタイでした。

とても美味しかったです。

くら寿司と比較すると、はじめは値段の差に少し戸惑いましたが、ネタの大きさと味が全然違います。

特にネタの大きさで幸福度が変わると思いました。

そりゃ人気出るわな。

 

感じた限界

それでもやはり感じたのが1人でいることの限界です。

恥ずかしいとかそういうことではなく、この美味しさ、この時間と空間を誰とも共有できないことに「おひとり様」の天井が見えました。

楽しさに限界があります。

自分が対峙しているモノに依存してしまっている。

もし外れた時のことを考えると恐ろしくて仕方ありません。

 

たしかにストレスは感じにくいのかもしれない。今回だって自分の好みのネタと量、ペースで注文することができた。

相手に気を使わなくていいというのが「おひとり様」の最大のメリットだろう。

 

 

 

旅行、カラオケ、食事……

趣味と呼ばれるもので「おひとり様」可能なんていくらでもある。

 

ただどこかで虚しさに襲われる。

たとえそれが"当たり"だったとしてもだ。

逆に"ハズレ"だったとしても、複数人いればそれは自分たち次第になる。

寿司をもぐもぐ食べながらそんな気がしてきた。

食べた感想や待ってる間の何気ない会話が、食事をよりおいしく、より楽しくするのだろう。

 

『「おひとり様」でいることによる楽しさの限界』

に気づいてしまったものの、あまりの美味しさについ食べ過ぎてしまった。

 

最後に炙りトロを口に運んで店を出る。

お会計は安かった。

 

{おしまい}

いつも読んでいただきありがとうございます。

 

 

ununkown.hatenablog.com

 

ununkown.hatenablog.com

 

城崎温泉のおすすめカフェを紹介したい

たまたま入ったこの店が、私の価値観を変えてしまったかもしれない。

 

城崎温泉にはこれまで7回ほど行っていますが、

温泉に入らなかったのはこれが初めてです。

 

───────────────

高校生時代の友人たちと中国地方をドライブしていた夏休み、帰阪前に城崎温泉に寄ることにした。

まだ暑い時期だったので温泉の前にカフェに入ろうということになった。

友人たちは喫煙者のため、喫煙可能なカフェをなんとなく選んで店に入る。

kinosaki-spa.gr.jp

店内はいわゆる王道、素朴な喫茶店

正直全く期待はしていなかった。

喫煙者の友人たちの吐いた煙を、私が吸うだけの時間だと思っていたからだ。

 

だが、予想を大きく裏切られた。

まず、こういった系統の喫茶店が初めてだったということもあるのだが、非常に時間がゆっくりと流れている。

 

温泉街の近所の常連が店主と何気ない会話をしているその時間、その空間が、とても、とても印象に残っている。

 

メニューを決め、友人は、トイレに向かう者や煙草を咥え始めた。

私は常連と店主の心地よい笑い声をBGMにこの空間を楽しんでいた。

非常にゆったりとした時間が流れている。

程なくして、トイレに行っている友人の頼んでいたトーストが運ばれてきた。

https://www.google.com/maps/uv?pb=!1s0x5fffc9eaeab963a5%3A0xea02382342934206!3m1!7e115!4shttps%3A%2F%2Flh5.googleusercontent.com%2Fp%2FAF1QipPnXnb7XJbbDSUz5ET1lrBJYab-u51bqsKpJjDY%3Dw172-h174-n-k-no!5z44Kz44O844OS44O844KG44GX44G-IOWfjuW0jiAtIEdvb2dsZSDmpJzntKI!15sCgIgAQ&imagekey=!1e10!2sAF1QipMFoEiDrKVhNIuMs3SVL351lHqivdQGJaXvYye-&hl=ja&sa=X&ved=2ahUKEwj7lrHy0bn6AhUXw4sBHcovApQQ7ZgBKAV6BAgPEAc

(↑トーストの画像)

 

 

私はそこで衝撃を受けた。

テーブルに着弾した瞬間、3つに切られたトーストがまるでゼリーのように揺れたのだ。

私はそんなトーストやパンを今まで見たことが無い。

高級食パンと無縁の人生だからかもしれないが、私には衝撃的だった。

何度でも口にしたい。

 

トーストが、ゼリーのように揺れたのだ。

 

トイレに向かった友人以外も馴染みあるトーストではなかったようで、私と同じように驚いていた。

 

 

─────おいしそうですね。

「ここの食パンは、持ち帰り用に事前に電話して遠方から買い求めに来る人もいるぐらい人気なのよ」

 

店主が常連の方と同じように気軽に接してくれた。

そんなことを言われたら、、、

トイレにいる友人が返ってくるまでの残りの時間までに味見をしてみよう、

と、3つのうち1つを手に取ってみんなでひと口づつ食べた。

 

 

 

 

トーストが、

食パンそのものが、

表面に塗られたバターに負けないぐらい美味しかった。

 

 

 

間違いなくこれまでのトーストで一番おいしかった。

パン本来の甘みとバターの香り、そして甘みが口の中いっぱいに広がった。

私の想像をはるかに上回る美味しさだった。

 

食欲をそそる衝撃的な見た目、

そして、その見た目を大幅に上回る味。

 

最高だった。

 

─────もう少し食べようか。

─────どうせなら…1つを丸々食べて、2つだったことにしようか。

 

誰かが面白い提案をする。

反対する者はいなかった。

 

 

しばらくして、トイレに籠っていた友人が戻ってきた。

皆その味を知っているが、

「美味しいらしいから、食べて感想を聞かせて」

と噓をついた。

 

何も知らない友人がおいしそうに食べているのを見て、隠し通せるかと思った。

だが…

 

「ごめんなさいねぇ。私がトーストの魅力語っちゃったから、あなた、1つ食べられてるのよぉ」

 

まさかの店主が告白をした。

そんなことあるのか。

 

 

 

バレちゃったので潔く皆で罪を認めた。

だが、驚いたことに、店主がお詫びのしるしにトウモロコシをサービスしてくれた。皿に盛られたトウモロコシは北海道産。トウモロコシの優しい甘みが口に広がった。

 

 

 

居心地の良さに思わず長居してしまった。

昼食後、すぐに入ったためドリンクしか頼まなかったのだが、次回は真っ先にトーストを注文しようと思う。

 

店を出た僕たちは、温泉に入る必要がないという結論に至り、帰阪した。

 

 

 

 

───────────────

実は、この旅行の1か月前にも城崎を訪れていた。

その時は但馬牛を堪能して、温泉に浸かり、城崎を満喫している。

今回は昼食を取って「ゆしま」でトーストを隠れて食べただけなのに、

「城崎を満喫した」

と自信を持って言うことができる。

 

「ゆしま」に行きたいがために、8回目の城崎温泉を企画したいぐらいである。

もともと私は、カフェに行くぐらいならお肉を食べたい派である。

だが、カフェも悪くないなと思うようになった。

それと同時にたまたま見つけたカフェが、旅の醍醐味を味わわせてくれた。

偶然が素敵な出会いに昇華することが旅の良さなのだろう。

この感情もまた記事にしたいと思う。

 

 

 

10月中旬から全国旅行支援がある。

全国旅行支援|延期が決定、実施はいつから?最新情報まとめ【JTB】

皆さんに素敵な旅の出会いがあることを。

 

 

{おしまい}

いつも読んでいただきありがとうございます。

 

 

ununkown.hatenablog.com

 

ununkown.hatenablog.com

 

烏丸 ラーメン「煌力」に行ってきました。

 

 

はじめに

先日、京都は烏丸に行きました。

台風が過ぎ去った9月の京都には、心地よい涼しさが広がっていました。

夜ご飯をどうしようか…と思ってグーグルを開くと、

煌力」というお店が画面に。

 

煌力さんは担々麺を売りにするラーメン屋です。

 

私自身、担々麺は大好物なので、とてもありがたい検索結果でした。

 

グーグルの口コミ数は541…!

星は4.4です。

 

失敗する余地がありません。

 

涼しい京都の夜と、辛い担々麺の相性はきっと間違いないでしょう。

 

 

というわけで行ってきました。

the 担々麵と、〆のご飯

私が訪れた時は、

  • the 担々麵
  • スタミナ担々麵
  • 汁なし担々麵
  • つけ担々麵

がありました。

 

私はシンプルかつ王道の the 担々麵と〆ご飯を注文。

ここの特徴でもある〆ご飯。

なんと、

ラーメンの種類によって、〆ご飯が石焼ビビンバとクッパに変身します!

 

ちなみに the 担々麺の〆ご飯はクッパになります!

 

いざ

麺をすすります…。

う、うまい!!

 

スープに浸ったチンゲン菜も美味しい!

食べ進めると、時々山椒のビリビリする辛味が舌を襲います。

そうは言っても、辛すぎることはなく、店内の男女問わず皆が美味しそうに食べていました。

うまい!!

 

どうやら担々麺にはナッツがトッピングされていて、それらを食べるとナッツの甘みで口の中が落ち着きます。

 

もちろんお茶の入ったコップが手放せませんが。

 

感想

美味しくラーメンと〆のご飯を食べることができましたが、あまりにもナッツが多いと思いました。

少なくとも、ご飯にナッツは不要。

 

クッパ・石焼ビビンバともに次回訪れる際は頼まなくてもいいかな~

どちらも想像する味ではなかったのが少し残念。(何様)

 

ただ、ラーメンは間違いなく美味しいです。

ツルツルの透明な麺と、スープが非常に合っていると思います。

 

ただ、そうなってくると近所のスーパーで120円で買える麺職人の担々麺がとっても優秀なのだと再認識させられました。

 

店舗の詳細

住所:〒604-8273 京都府京都市中京区姉西洞院町545 ホワイトプラザ1Fgoo.gl

 

 

ununkown.hatenablog.com

ununkown.hatenablog.com

 

婚活は戦略

大学生がこんな話をするのはどうかと思いますが、

婚活は戦略です。

 

何度でも言えます。

 

婚活は戦略です。

 

 

1戦場では計算せよ

婚活は戦略である。戦略を用いるということは、少なからず相手もしくは敵がいることを大前提としなければならない。

 

良い奴は市場に出てこない

 いい奴は婚活の市場に出てこない。

つまりどういうことかと言うと、たいてい婚活に流れ着く前に高校・大学・職場でいい相手を見つけている。

したがって、まず見るべきところは、自分の周りの異性から探すことである。

いきなり外に目を向けてしまってはいけない。身近なところに目を向けるところで価値観や金銭感覚、学力が近いためストレスの要因を回避することができる。

 

お互い焦っている

それでも婚活市場に流れ着く人はもちろんいる。

そこまで来ると、お互い様々な要因で焦りが生まれている。

しかし焦っているからといって、出会っていきなり結婚が前提と圧を加えられたら、それこそストレスになります。

だからこそ、早め早めに動いた方が良い。

婚活なんていつから始めたっていいですからね。

アラサーになって焦りがにじみ出ている人なんて、自分にも、周りにも良いことないです。

 

自分も相手も消耗している

 焦っているとはいえ、駆け引きをしろと言っているわけではありません。

駆け引きをしていることは相手にバレます。ですので正々堂々としましょう。

相手も婚活と言う名の戦場で疲弊しています。

しょうもないSNSの論争に耳を傾けたり、男女問わずプロフィールと異なった顔面の人があいさつしてきたり。

悩みの種は結婚だけじゃないのに、結婚の占める割合が年々拡大し、あなただけでなく、相手も疲れています。身内などの影響で結婚することが目的になるぐらいです。

ここでも早めに行動することのメリットが挙げられます。年齢がさほど高くなく、まだ無垢な人が多いうちに婚活を始めましょう。

 

 

2マインドを変更せよ

婚活マインドを変更しなさい!

受け身でいるのはやめなさい!

あなたがしているのは、婚活です!

奢り奢られについて

 これ、いつも気になっているんですけども、奢ってくれる彼氏がいいとか主張する女性、あなただけに奢ってくれてるとでも思っているのでしょうか。

奢る人って後輩にも女友達含む他の女性にも奢ってるわけで…。

その過去を認めてもし婚活で上手く行ったとして、はたして貯金があるのかどうか、そしてその習慣を止められるかどうかすごく疑問に思います。

 

 あ、まさか自分だけが特別なんて思ってませんよね。

希望の条件に付いて

 相手に何かを求めるということは、それ相当の提供できるものや手札を備えていなければ話が合わないんですが、どうやらそうでもないのが世の中なようで…。

例えば、よく聞くものであれば学歴、年収、顔面、身長、家事云々も聞きます。

 

 年収が200万の人が相手に600万を求めたとして、逆の立場から600万の人が200万を選ぶのでしょうか。

その差を埋めるだけの

「相手に刺さる何か」

があればいいと思いますが、ないですよね。

あったとしても年収などで絞る人の時点で何かとヤバい気がします。

 

彼氏or夫について

 この人は私をドキドキさせてくれない。

こんなことを言う人がたまにいますが、彼氏を作りたいのか、近い将来の夫を作りたいのかはっきりするべきだと思います。

婚活に!

求めるのは!

いい夫!!

 

いい年して!

学生みたいな!

恋愛観で!!

婚活するな!

見苦しいぞ!

 

学生時代にまともな恋愛をしなかった人が、婚活市場でかつての青春を取り戻すべく相手にわがままを押し付ける姿は想像したくありません。

そういった人たちがいい年してこじらせているのだろうなと思います。

SNSを見てていつも思います。

 

婚活は学生時代から始まってると言っても過言ではありません。

早め早めの行動が功を奏します。

 

 

 

 

おまけ

 

先日、こういったアカウント(同級生の友達)を見たので面白くなっちゃいました。

マリオットなどの高級ホテルの投稿は必ず本人しか映ってないのにもかかわらず、友人との投稿は身の丈に合ったところを訪れていたので、いやでも何かを察してしまいます。

 

急に女性に限った話で恐縮ですが、

パパ活で今いい気分の人は、将来どうなるのかすごく気になっています。

 

同年代から相手にされず、

一回りも年の離れた相手にチヤホヤされ、

若さという武器が無くなった途端、

婚期を逃しかけている同世代と金銭感覚も価値観も話も合わない誰からも相手にされない人が爆誕します。

 

私は、今後数年で大量にあふれるだろう悲しきモンスターの将来を憂いています。

 

ununkown.hatenablog.com

 

こういった人が将来苦しむのかな、

と思いを馳せてこの記事を終わらせます。

 

{おしまい}

いつも読んでいただきありがとうございます。